FC2ブログ
2013_07
26
(Fri)19:15

ご当地自慢

晴れの国岡山を代表する果物桃です
今ちょうど旬を迎えております。
超高級品の岡山一宮産の清水白桃です。
DVC00515.jpg
頂きました。感謝です。さっそく冷やして頂きました。
皮まま食べてもすごく美味しいです。
前の日にも、売り物にならない桃を大量に頂きまして
ジュース、ジャム、コンポートにして楽しんでます。
岡山に産まれ育って本当に良かったです。。。





スポンサーサイト



2013_07
24
(Wed)20:44

緑のカーテン

今年も、緑のカーテンのゴーヤが実をつけ
そろそろ収穫の時期がきました。
色々な方法で食べますが、私はゴーヤジュース
で食べるのが大好きです。
ご紹介します。
材料は、ゴーヤ、果物(桃、バナナ、リンゴ等)、豆乳です。
細かく刻んだゴーヤと果物、豆乳を入れてミキサー
にかけて出来上がりです。
砂糖は入れません果物で十分糖分がとれるので
豆乳も無調整豆乳を使用してます。
お好みで、砂糖、蜂蜜、を入れたり、
豆乳も調整豆乳、牛乳に変えてもいいかも。。。
DVC00512.jpg
緑のカーテンにもなり、食べる事もできてしかも
栄養満点のゴーヤ私達の生活を色々と文句も言わず
手助けしてくれてます。感謝ですね。
こうして日常生活の中を見て行くと感謝できる事が
いっぱいありますよね。
沢山の感謝の実を私達も育てて行きましょう。


2013_07
23
(Tue)18:17

グルプールニマ祭

昨日は、グルプールニマという霊性の師に感謝を捧げる満月祭です。
インド太陰暦の四番目の月であるアーシャーダ月の満月の日
(プールニマ)の事で正しくは、ヴィヤーサプールニマというそうです。
聖者ヴィヤーサは、この満月の日に生まれました。
彼はこの日にヴェーダを4つのヴェーダの分け終えました。
この日に18のプラーナを書き終たと言われています。
ヨーガの経典は、4つのヴェーダの最後に書き加えられもので
ヴェーダの最後尾(アンタ)にという事からヴェーダーンタ
と言われていてヨーガの最古の教えが書かれてあります。
聖者ヴィヤーサをはじめ私達を神に繋がるために導いて下さいます
歴代の師に感謝を捧げるお祭りです。私達の霊性を高めるのに良い日
とされています。私もインドで何度か経験した事があります。
とても神聖で満月という事もありエネルギーに満ち溢れています。
私も、昨日は自分なりにグルプージャを行いまた、神社にも参拝させて
頂きました。夜になり空を見上げてお月様を見ました所とてもエネルギー
に満ち溢れた綺麗な満月でした。。。

繧キ繝千・枩convert_20130723210608
2013_07
15
(Mon)20:09

夏本番

ツルムラサキ、これも生徒さんから苗頂き育てています。
栄養満点、夏バテ防止にいいそうです。
これも、緑のカーテンにもいいそうです。
ぬめり、かおりに特徴がありますが
私は、結構好きな感じです。
サラダ、炒めもの、お浸し等に適している
ようですが、私は何でも使っています。
DVC00508.jpg

今日は海の日でしたね。
移動中に通りがかりにひまわり畑を見つけて
写真をとりました。雨がちょうど上がり太陽が
少し顔を少しのぞかせた時でした
ひまわりがなんとなく頭を上げて行ってる様でした。
DVC00509.jpg
太陽は、すごいパワーですよね。
いつも無償で私達に恵みをもたらして
下さってますよね。。。
私は、季節の中で夏が一番好きです。
反対に冬は苦手です。ヨーガ的にいうと
二極の対立でしょうかね。
でも、昨年ぐらいから寒さ対策の訓練を
している事が幸いしてか多少克服しています。
夏の過ごし方によって秋の疲れや冬の冷えが
違ってくるとも言いますので、暴飲暴食をさけ
クーラーのかけ過ぎにも注意して
長い様で短い夏を楽しみましょう。 
2013_07
14
(Sun)17:12

花を咲かせました。

生徒さんから、苗を頂いてプランタで育てていた
クリトリアが花を咲かせました。。。
とてもきれいです。
和名は、チョウマメ、マメ科の植物になります。
マメ科ですので、つるもどんどん伸びて育て方に
より緑のカーテンもできるらしいです。
マメ科ですので、種も豆の様にできるそうです。
今から楽しみにしています。
たくさん種をとって又来年沢山育てたいと思います。

DVC00503.jpg

花は、短い命なのに黙っておかれた環境で文句も
言わず自分らしく咲いて人の心を癒してくれますね。
スマップの歌にもありましたね。
私達も花の様に自分らしく生きていきましょう。
そして、誰かを癒せる存在でありたいですね。
2013_07
11
(Thu)17:26

富士山

先日、世界遺産になりました。日本一の山、富士山です。
霊峰と言われているだけに神秘的で、美しく、パワーに
満ちあふれていますね。
昔から信仰の対象になっていた事も理解できますよね。
ちなみにこの写真は、五月に撮影されたものをいただきました。
雪が多く残り綺麗ですよね。上手に撮れていると思いませんか?
130705_111417.jpg
でもプロの方ではなくて・・・スピリチュアル性が高い方が撮影
されたものですそういう意味ではプロの方かなぁ・・・
だから写真から出てるパワーはすごいです。。。
感じてみて下さい。。。

今年は、伊勢と出雲のダブル遷宮の年でもあり
日本の霊峰富士山が世界遺産に登録されたりと
また、気学の世界でも五黄土星が中宮に来るときは
極端な年と言われてるようで色々変化が起こる様で
新たな世界の始まりの年であるかも知れませんね。

そう言えばマヤ歴では、昨年の12月で人類滅亡とか
地球がアセンションするとか言ってましたしね。
目に見えない世界では、新しい世界がもう本当は
始まってるかも知れませんね。

ということで、富士山と伊勢神宮と出雲大社今年中に
行きたいけどあと半年で行けるかなぁ?


2013_07
05
(Fri)11:27

日本のよき伝統や風習

早いもので、もう7月1年の半分がもう終わりました。
月日というのはあっという間に流れるものですね。。。

1年のちょうど折り返しにあたる6月30日は「夏越祓」の日です。
この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。
「夏越祓」は古くから神社で行われており、神社では境内に
茅で作られた大きな輪が用意されます。
「千歳の命のぶというなり」などと唱えながらくぐると、
夏の疫病や災厄から免れるといわれています。
紙の人形(ひとがた)に姓名、年齢を書き、それで身体を撫でてから
神社に納めると、罪・穢れが祓われるとも伝えられています。

京都では6月30日は水無月を食べる風習があるようで
これは、「夏越祓」という行事に関係があるようです。
「夏越祓」は「水無月の祓い」とも呼ばれており
小豆をのせた三角形のういろうです。
その形は氷を表し、小豆は疫病の悪魔祓いの
意味が込められているそうです。

日本には、伝統的なよい風習が多く残っておりますね。
この様な事を大切にし守って行く事が、人間の精神性
の向上に繋がっていくのではないかと思います。
ヨーガでいうと無知さを克服できるのでは・・・・
ないかと思います。

私も、ちょうどその日に神社にお参りする機会を頂き
半年の罪や穢れをきれいさっぱりとって頂きました。。。
また、次の日の7月1日にも神社にお参りさせて頂き
清々しい気持ちになりました。
これで後半年、心身とも健やかに過ごせそうです。。。